HOME » 歯並びを矯正するメリット » 【特集】がんや重大疾病の予防

【特集】がんや重大疾病の予防

歯並びを治さないと歯周病のリスクが高まり、さらに重大疾患にかかる可能性もあります。ここではその関係性についてまとめています。

歯並びと重大疾患の関係

近年、歯並びが悪いことが、命に関わる重大疾患の引き起こす要因にもなりえることがわかってきました。

もう少し具体的に説明すると、歯周病がさまざまな全身疾患の原因になることがわかり、医療の現場では医科・歯科が連携して改善しなければいけないと言われているのです。

歯周病は、歯周ポケットという歯と歯茎の隙間から細菌が侵入し、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)という顎の骨を溶かしてしまう病気です。支えを失った歯は次第にグラグラになり、やがて抜けてしまいます。日本人の半数以上の人が歯周病とも言われています。

歯並びと歯周病の関係は非常に密接です。歯並びが悪いと歯周病にかかるリスクが非常に高くなるのです。

では、なぜ歯周病が重大疾患の原因となるのでしょう。前述のように、歯周病は細菌によって起こる感染症です。歯周病になると歯茎は炎症を起こし、とても出血しやすくなります。食事をする度に気付かない程度の出血が常に起こっていると考えるといいでしょう。

その時、破れた血管からは血液が漏れ出るばかりでなく、その周囲にわんさかいる細菌が入り込む入り口となってしまいます。そして血管の中で血栓をつくるのを促してしまうことがわかってきたのです。

実際に動脈硬化の人の病巣に歯周病菌がいることが東京医科歯科大学で証明されています。つまり、歯周病を放置していると、これらの病気を引き起こしやすくなってしまうのです。

歯並びの不具合から引き起こされる重大疾患の例

それではどのような病気の原因になることがわかっているのでしょうか。例えば、以下のような重大疾患が引き起こされるという研究結果が出ています。

これらは一例に過ぎず、他にも歯周病はさまざまな全身疾患に関係していると考えられています。歯原性菌血症とも呼ばれ、今、その危険性が叫ばれています。歯周病のリスクを高める不正咬合は、将来的な重大疾患のリスクも高めているといえます。

がんと歯並びの関係とは

近年の研究によって、歯並びと「がん」に密接な関係があることが分かってきました。口の中にできる口腔がんの原因として、舌や頬の内側の粘膜に出っ張った歯が日常的に当たっていることが挙げられます。

口の中が日常的に刺激され、その部分の細胞が「がん化」してしまうことがあり、このような慢性的な刺激によるがんは、時として口内炎と間違われて軽く考えられ、発見が遅れてしまいがちです。早期に発見できれば完治も可能ですが、もし、発見が遅れれば転移などによって命の危険を伴うこともあります。

ですので、極端に歯並びが悪い人はもちろん、したがって、舌や内頬が歯と当たっている人は、口腔がんのリスクが比較的高いと言えます。

また、歯周病菌が「がん」のリスクを高めることもわかってきました。イギリスの研究者によると、歯周病にかかっていない人に比べて、歯周病患者のがんリスクは脾臓で54%増、腎臓で49%増、肺で30%増という結果が出たそうです。さらに、別の研究者によると、乳がんリスクも歯周病患者の方が14%高かったという結果が出ているのだそうです。

歯周病と「がん」の因果関係すべては解明されていませんが、歯周病菌によって体内の一部で慢性的に炎症が起こり、それが持続すると「がん化」する可能性が高い、というのが現在の研究者の認識なのだそうです。

国内でも、歯磨きを全く行わない人は、朝晩の2回行う人に比べて2.5倍、「がん」のリスクが高くなるという研究結果が出ています。

歯が重なり合って磨きにくい部分を矯正し、毎日歯磨きをすることで歯周病のリスクを減らし、それが結果的に「がん」のリスクも下げることになるのです。

東京でおすすめのインビザライン
マウスピース矯正の
クリニック3