HOME » 疑問解消!マウスピース矯正のQ&A » 他の人から見てバレない?

他の人から見てバレない?

マウスピース矯正の治療中、他の人からバレないか、解説しています。

マウスピース矯正は他の人にバレない?

歯並びは治したい、でも装置が目立つのはイヤ。そんな人にとってマウスピース矯正の最大のメリットは、他の人にバレずに矯正治療を進められることにあります。

その理由として、具体的に以下の4点が挙げられます。

  1. マウスピースが透明であること
  2. 自分の都合の良い時間を中心として装着できること
  3. 取り外しができること
  4. 話しやすいこと

まずマウスピース矯正は、「見えない矯正」とも言われます。歯の表面をマウスピースで覆うようにして装着するのですが、透明から半透明の色をしているので、実際につけてみると歯の色が透けてほとんど目立たず、違和感がありません。また、治療を進めるために歯を削ることもなく、部分矯正にも対応しています。

インビザラインは、やや硬めのしっかりしたつくりのマウスピースで、色は半透明。歯と装置の間に余裕が少ない分、かっちりと装着できますので、途中で外れたりガタつきが出ることもありません。

アソアライナーなど国産のマウスピースは、さらに透明感がありますが、柔らかい素材で作られているので、歯と装置の間に余裕があるという特徴があります。

どちらも装着感は違和感なく、少し離れていればほとんどわからない程度の着用感です。近くで見るともちろんバレますが、上手に振舞うことで気づかれずに治療を続けることは十分可能です。

また、装着時間を自分で選べることもバレない理由です。マウスピース矯正をスムーズに進めるためには、1日17~20時間程度の装着が目安とされています。

時間だけをみるととても長い時間のように思いますが、職場や学校から自宅に戻ってからの就寝中の時間をはじめ、通勤時間やデスクワークの間などをフル活用して装着すれば、時間は十分クリアできます。

万が一、誰かと話をする必要があっても、ほとんど違和感なく話せるほどだとか。もちろん、必要に応じて取り外せるので、大事な人と会う時や食事、歯磨きの際も心配ありません。

通院もそれほど頻繁ではありませんので、日常生活への負担も少なく、むしろバレることの方が少ないでしょう。矯正治療が終わって歯並びが綺麗になったあなたに、周囲の人がふと気づいて驚くのではないでしょうか。

東京でおすすめのインビザライン
マウスピース矯正の
クリニック3