HOME » 疑問解消!マウスピース矯正のQ&A » 治療にかかる費用はどのくらい?

治療にかかる費用はどのくらい?

マウスピース矯正に必要な費用についてまとめています。

マウスピース矯正の費用について

マウスピース矯正で最も気になるのは、費用のことでしょう。歯並びの矯正治療は多くの場合、高額ですので、かかる費用をしっかり確認・金額に納得してから始めるのが大切なことです。

一般的に矯正治療は健康保険の適用外、つまり自費診療になります。ただし、指定された医療機関で決められた条件で治療を受ける場合にのみ、保険が適用されることもあります。また、支払った金額やその年の総所得金額によっても違いますので、カウンセリングの際に相談してみることをおすすめします。

具体的な費用相場は?

それでは各矯正治療の費用相場はどれくらいかを見てみましょう。

インビザラインの費用相場

軽度の症例 400,000円~600,000円
中度の症例 750,000円~850,000円
部分矯正 250,000円~400,000円

インビザラインは、すべての歯並びのデータをアメリカの本社に送り、本社で模型・マウスピースを製作するという徹底したシステムを採用しています。

そのため、輸送費や製作費などが必要となり、日本国内で制作できる他のマウスピースの相場とは異なります。また、クリニックの費用設定や歯の状態によっても変動しますので、カウンセリングでしっかり説明を受けることをおすすめします。歯列不正の程度によってはワイヤー矯正など他の矯正方法と併用することもあります。

インビザライン以外のマウスピース矯正費用相場

アソアライナー 400,000円~
イークライナー
DENマウスピース
オペラグラス
アクアシステム 150,000円~

国内で製造するマウスピースでは、輸送量などがかからないため安価にできるというメリットもありますが、デメリットもありケースバイケースです。

どの方法が最適なのかを専門のドクターが診断して決定する必要があります。安いからいい、高いから信頼できる、という見方よりもどの装置が、あなたの歯並びを治すのに最適かを重視して選んでもらいましょう。

インビザラインやマウスピース矯正で
おすすめの東京の歯科クリニック3院をピックアップ!

ブラケット矯正(ワイヤー矯正)・裏側矯正の費用相場

一般的なワイヤー矯正 上下で650,000円~1,000,000円程度
裏側矯正 800,000円~1,250,000円程度

こうしてみるとインビザラインなどのマウスピース矯正より割高になることがわかります。場合によっては、マウスピース矯正の費用がワイヤー矯正費用の3分の1程度でおさまることもあります。

また、裏側矯正のように表から見えない審美性の高い矯正方法では、より高いスキルを必要としますので、必然的に治療費も高くなるようです。それ以外にも、ブラケットの素材や種類によってプラスアルファの費用がかかることもあります。

ここまでをみると、結論としてはマウスピース矯正の方に軍配が上がる結果となりそうです。ただし、前述したように治療法はケースバイケースですのでどちらが安い、あるいは得だとは一概に言えません。

治療法を決定する前に、納得できるまでドクターと相談することをおすすめします。

治療費以外の費用は?

マウスピース矯正では、基本的な治療費以外にもさまざまな費用が必要になることがほとんどです。

多くのクリニックでは治療費の他に、以下のような費用が必要になります。また、それぞれの相場もまとめました。

初回カウンセリング量 無料~5,000円
精密検査料 30,000円~100,000円
月々の調整・管理料 3,000円~5,000円
リテーナー(保定装置)料 5,000円~10,000円
治療後のメンテナンス料 3,000円~10,000円

クリニックによっては、これらの費用を治療費に含めて提示しているところもあります。また、例外として追加料金が必要になることがあります。

ほとんどのクリニックでは追加料金は不要としていますが、マウスピースの紛失や破損を繰り返したり、指示通りに装着しないため必要以上に長期化する場合などには、費用が別途必要になることもあります。

つまり患者側の過失が認められる場合には追加費用が発生する可能性があるということです。

基本の治療費は各クリニックごとに設定されているため、どのクリニックでも同じ料金ではありません。また、使用している機材やドクター・スタッフのスキルや経歴によっても費用が異なります。もちろん仕上がり具合も同じではありませんので、自分にマッチしたクリニックを探すことをおすすめします。

特異なケースとして、後戻りをした場合の費用についても説明しておきましょう。

基本的には、他院で行った矯正治療の後戻りを治療する場合には費用が発生します。ただし、自院での矯正治療後の後戻りは、再診料や調整料のみ負担すれば治療を継続して行ってくれるクリニックが多いようです。

支払いについて

矯正治療は上述のとおり、かなり高額な支払いが必要になります。場合によっては100万円を超える費用を一括で支払える場合は問題ありませんが、多くの人は分割払いを選択しているのが現状です。

詳細な支払い方法はクリニックによって異なりますが、ほとんどのクリニックでデンタルローンやクレジットカード払いが可能です。

クレジットカードを扱っているクリニックでは、カード会社の規定に沿って支払い方法を選択します。その場合、金利手数料などが発生します。

クリニックによってはデンタルローンを扱っているところもあります。ただしデンタルローンは審査が必要ですので、必ずしも使えるとは限りません。さらに金利手数料も必要となります。中には独自の院内ローンを設定しているクリニックもありますので相談してみるといいでしょう。

東京でおすすめのインビザライン
マウスピース矯正の
クリニック3