HOME » 疑問解消!マウスピース矯正のQ&A » 歯磨きはできるの?

歯磨きはできるの?

マウスピースでの矯正治療中に気になるポイントのひとつ、歯磨きについてまとめています。

マウスピース矯正中の歯や器具のケア方法について

マウスピース矯正は取り外し式の矯正器具を使った治療ですので、いつもと同じように歯磨きできます。

ワイヤー矯正などのように、装置を直接歯に接着して行う矯正治療は、歯ブラシが歯や装置に届かないことがあります。そのため、装置と歯の接着面が虫歯になりやすく、また、歯肉炎や、場合によっては歯周病を引き起こすこともあります。

矯正治療を受けるということは、ただでさえ凹凸が多く、口の中を隅々まで磨くのは難しいこと。そこに、矯正装置やワイヤーがついていると、歯磨きの際に障害になって磨きにくいのです。

矯正治療を受けている人専用の歯ブラシなども販売されていますが、口の中の状態は個人差も大きく、専用のブラシを使ったとしても、なかなかうまく磨けません。これが矯正治療中の大きなデメリットでもあります。

ところが、マウスピース矯正は食事や歯磨きの時には、矯正装置であるマウスピースを外せるので、口の中を隅々まで歯磨きできるのです。これは、マウスピース矯正の大きなメリットです。

またちょっと役立つ情報として、お茶やコーヒーを飲むときはマウスピースを外しておいた方がいいようです。なぜならこれらの飲料には着色成分が多く含まれているので、マウスピースに色がついてしまうのです。

マウスピースのケアはどうすればいいの?

実は、歯磨きだけでなくマウスピースそのもののケアもとても重要なことです。

なにしろマウスピースは食事や歯磨きの時以外は装着しておかなければいけません。そのため、マウスピースが汚れていると、装着した後のマウスピースと密着している歯の表面は細菌だらけになってしまいます。そうすると、虫歯や歯肉炎、歯周病になりやすくなるのです。

では、マウスピースのケアはどうすればいいでしょう。

基本のケア方法は、マウスピースの内側も外側も歯ブラシできれいに磨くことです。このとき、歯磨き剤は必要ありません。研磨剤の入った歯磨き剤を使ってマウスピースを磨くと、表面に細かい傷がついてしまいますので気を付けましょう。また、熱湯をかけると変形してしまうので絶対にやめましょう。

いくら丁寧に磨いても、目に見えない細菌や汚れは意外とついているものです。 そこで使わないときは専用のクリーニング剤で洗浄するのもおすすめです。細菌や汚れだけでなく、不快な臭いや着色などもつきにくくしてくれます。

マウスピースを外しているときは、必ず専用のケースに入れておきましょう。ティッシュにくるんで置いたら家族に捨てられた、そのまま机に置いていたら埃だらけになっていた、気付かないうちにペットの犬に噛まれてた、といったケースもあります。

あなたの歯並びを綺麗にしてくれるものですから、大切に保管するようにしましょう。

東京でおすすめのインビザライン
マウスピース矯正の
クリニック3