裏側矯正

歯の裏側に矯正装置を付け、「舌側矯正」とも呼ばれる裏側矯正についてまとめています。

裏側矯正はワイヤー矯正の進化形

裏側矯正は、従来のワイヤー矯正のメリットを残しつつ審美性にも優れた矯正方法です。

従来のワイヤー矯正は、歯の表側にブラケットという矯正装置を接着して、そこにワイヤーを通す方法でした。この方法はたいていの症例に適応していて、難しいとされる症例でも治療を可能にしてくれる方法です。

ただ、ギラギラした装置を数ヶ月から数年、歯の表側に付ける必要があり、自分の意志では外すことができません。装置が目立つ上に歯磨きがしにくいなど、さまざまなデメリットを抱えていました。

裏側矯正は、矯正装置が目立つというデメリットを解消するために、歯の裏側にブラケットを付けることで、外からは装置が見えにくい治療法です。「矯正はしたいけれど装置が目立つからイヤ」と敬遠してきた人たちにとって、一つのハードルをクリアできるものです。

特に大人の場合は、ブラケットやワイヤーが表に見える状態で、仕事をするのは難しいと感じていた人たちが、思い切って矯正治療に踏み出すきっかけとなりました。

ただし裏側矯正はどこの矯正歯科でもできるというわけではありません。正確な設計やセンス、そして高い経験とスキル、特に歯の裏側に小さな装置を、正確な位置に装着するだけでも、高度なスキルが求められます。したがって成功するかどうかはクリニック選びが重要なポイントとなります。

インビザラインと比較した裏側矯正のメリット・デメリット

メリット

デメリット

裏側矯正は、確実に目標の歯並びを目指して治療を進めることができ、しかも目立たないという大きなメリットがあります。しかし、インビザラインのように着脱式ではないので食事やおしゃべりなどに違和感が強いようです。

また、治療を行うドクターの技術によって、矯正治療の仕上がりが左右されるため、綿密にシミュレーションされたインビザラインに比べるとやや不安要素も残されるといえます。

インビザラインは、違和感や装着後の日常生活への影響が少ない点からも導入しやすい矯正治療といえるでしょう。いずれにしても、高い経験とスキルを持った信頼できるドクターを選ぶことが大切です。

東京でおすすめのインビザライン
マウスピース矯正の
クリニック3