金属ブラケット

矯正と聞けばだれもがイメージするワイヤー矯正についてまとめています。

最もベーシックな矯正治療法

金属ブラケットは、矯正治療の歴史の中でも長く使い続けられている治療法です。メジャーな方法として選ばれてきており、多くの実績とノウハウの積み重ねによって、多彩なデータが残されています。

矯正治療は将来の歯並びをデザインしそれに照準を合わせて行う治療です。そのため、過去のデータからたいていの症例に対する装置の使用法を模索することができるという安心感があります。

金属ブラケットを使った矯正治療の基本的なやり方としては、歯の表面に金属製のブラケットと呼ばれる小さな金具を接着します。そして、ブラケットの真ん中に細いワイヤーを通してゴムや結紮線と呼ばれる極細のワイヤーでしっかり留めます。

ブラケットの接着の向きや位置、傾き具合によってワイヤーにかかる力が調節できるので、この力を使って歯の傾き具合や位置を矯正することができます。

金属ブラケットは、かなり離れた位置にある歯に対しても使うことができるので、ほとんどの症例に適応する治療法といえます。

ただ、見た目が悪いことや装置やワイヤーで口の中を傷つけやすいこと、歯磨きが難しくなるといったことから敬遠する人も少なくありません。

インビザラインと比較した金属ブラケットのメリットとデメリット

インビザラインと比較した場合の金属ブラケットのメリットとデメリットを紹介しましょう。

メリット

デメリット

金属ブラケットは、矯正治療の代名詞のように思われています。今はさまざまな方法が生まれ、金属ブラケットの治療数は減少傾向にあります。ただ、大きく歯を動かさなければいけないケースや複雑な症例などは、今でも金属ブラケットが使われています。

したがって現在の傾向としては、ほとんどのケースに対応できるインビザラインでは対応できない症例や、もう少し動きが欲しいケースなどで金属ブラケットを選択したり併用することがあるようです。

裏を返せば、余程困難なケースではない限り、インビザラインで矯正治療は可能だといえます。見た目にも目立たず痛みもないので、インビザラインを選択する人は増えています。最近ではなかなか予約も取れないほどのクリニックもあるといいます。

矯正治療は一生の歯並びを左右するものですから、たとえどんなにいい治療法だとしてもドクターのスキルに大きく左右されます。そのためには信頼できるクリニック選びをすることがとても重要な事だといえます。

東京でおすすめのインビザライン
マウスピース矯正の
クリニック3