審美ブラケット

審美ブラケット矯正の特徴をまとめています。

ニーズに応えた見えないブラケット

従来の金属ブラケットではなく、透明や白い素材で作られた審美ブラケットを使うことで、比較的目立たないようにワイヤー矯正ができる治療法です。

使われるブラケットによって、クリアーブラケットやセラミックブラケットなどと呼ばれます。その素材には、セラミックや透明プラスチック、硬質プラスチック、ジルコニアなどさまざまです。

銀色ではないので金属ブラケットと比べると格段に見栄えもよくなります。材質によっては時間とともに黄ばんでくるものもありますが、セラミックやジルコニアのような硬い素材はほとんど変色しません。

これらの白や透明のブラケットは、金属のような目立たないもので治療をしたいというニーズに対応して20年ほど前に作られたものです。

ただ、これらの審美性の良いブラケットは、素材によっては装着するワイヤーとの摩擦に弱いといわれていました。そのため、あまり強い力をかけるとブラケットが壊れてしまうことがあり、金属ブラケットよりも弱い力で治療をせざるをえないので、治療期間が長くなってしまいがちでした。

そこでそういったデメリットに対応した摩擦の少ない素材で作られたブラケットも生まれ、更に快適にワイヤー矯正ができるようになりました。

このように見た目にもかなり目立たなくなった審美ブラケットですが、中を通すワイヤーもこれまで銀色でしたので、結局目立ってしまうものでした。

そこで、次なる手段としてホワイトワイヤーも登場しています。白いワイヤーなのでさらに審美性に優れ、目立たなくなりました。

ただし十分な強度がないことから矯正期間がのびるというデメリットもあるようです。また、通常のワイヤーを白い樹脂でコーティングしてあるので、使用中にコーティングが剥げてしまうことがあるようです。

インビザラインと比較した審美ブラケットのメリット・デメリット

メリット

デメリット

審美ブラケットは、ブラケットの目立つという大きなデメリットを解消した矯正装置です。しかし、強度や素材の摩擦による問題から弱い力で治療を行うため治療期間が長くかかったり、時には壊れてしまうこともあります。

こういったことから、治療の終了が予測しづらい審美ブラケットによる矯正治療ですが、それに比べてインビザラインは終了を見据えた正確な治療計画に基づいて進めていきます。したがって、目標を定めればそれに合わせた治療を行うことができるといえます。

良いインビザライン矯正を行うドクターには豊富な経験が必要です。そのため信頼できるスキルをマスターしたドクター選びもポイントです。

東京でおすすめのインビザライン
マウスピース矯正の
クリニック3