デーモンシステム

デーモンシステムの矯正方法をまとめています。

従来のブラケットを改良したシステム

デーモンシステムは、長年使われてきたブラケット装置のメリットを残しつつ、デメリットを改善したアメリカ生まれの新しいワイヤー矯正装置です。

特に注目すべきなのは、一つ一つの装置の特徴です。歯に接着するブラケットという装置は、ワイヤーで歯と歯を繋いで固定することで歯を動かす力を加えていました。

この時、ゴムや結紮線でしっかり留められたワイヤーとブラケットには、強い摩擦が生まれ、それが歯には圧迫感や抵抗感として伝わり痛みを起こしていました。

そこでデーモンシステムではブラケットの素材に着目し、透明なプラスチックとステンレスを組み合わせたブラケットを開発。このブラケットは、摩擦を少なくして痛みを軽減しただけでなく、小さくて透明なプラスチックを本体としているので目立たないというメリットも生み出しました。

また丸みを帯びた作りなので歯磨きのしにくさも解消。シンプルな構造で、ワイヤーの交換に苦労していたドクターが嬉しいスライドメカニズムを導入して簡便さが追求されています。

デーモンシステムは、年齢を問わず従来のブラケットの半分近い期間で治療ができると言われています。

インビザラインと比較したデーモンシステムのメリットとデメリット

メリット

デメリット

デーモンシステムは、これまで主流とされてきたワイヤー矯正の審美性を改善して、痛みを和らげる工夫をした新しい形のブラケットを使った矯正治療です。歯への負担も少ないのでメリットは多いといえます。

しかし、このシステムの装置は透明なプラスチックの上に金属がついた構造をしています。そのため、1個1個は小さくて従来の金属ブラケットより目立たないものの、実際に歯に接着すると金属部分がやはり目立ってしまいます。

ワイヤー矯正と比べて費用も高くなることを考えると、さらに目立たないインビザラインの方に人気が集まるのも無理はありません。

インビザラインもデーモンシステム同様、矯正に非常に高い技術が要求されますので、それぞれの専門医がいるクリニックを選びましょう。

東京でおすすめのインビザライン
マウスピース矯正の
クリニック3