HOME » この歯は治る?マウスピース矯正の症例をピックアップ

この歯は治る?マウスピース矯正の症例をピックアップ

マウスピースを用いた矯正で治療できる症例をピックアップして紹介しています。

マウスピース矯正が対応できるさまざまな症例

歯並びには個人差があり、その悩みも程度も人によって違います。そんな歯並びの悩みを治療によって修正できる歯科矯正治療では、それぞれの症例に合わせた治療法を選択して行っています。

一般的には、ブラケットとワイヤーを使った矯正がよく知られていますが、大人でもできるもっとスマートな矯正方法としてマウスピース矯正も近年大変人気が高まっています。

ここでは、いろいろな歯の悩みに対してどのような治療が実際に行われているのかを紹介しています。またぜひ知っておきたい歯並びの原因やデメリットについても説明していますので参考にしてみてください。

八重歯・乱杭歯

がたがたに並んだ歯並びは叢生(そうせい)ともいわれます。特に前歯の歯並びの悪さは目立つため、矯正を希望する人も多数います。マウスピース矯正をはじめブラケット矯正が選択されることが多い治療です。

八重歯・乱杭歯の治療例を見る

受け口

正式には下顎前突と呼ばれる歯並びを指しています。下の前歯が上の前歯より出ているので、顔全体が長く見えて顎が突き出して見えます。幼少時から矯正をするケースや外科手術が必要なケースもあります。

受け口の治療例を見る

出っ歯

上顎前突といわれます。上の歯が前方へ過剰に前に突き出していて、中には上顎の骨ごと前に出過ぎていることもあります。マウスピース矯正でかなりのケースが治療可能で、顔立ちまですっきりと整います。

出っ歯の治療例を見る

すきっ歯

歯と歯の間に隙間があり、発音や食事の際に不都合が生じます。マウスピース矯正で比較的短期間に治せることもあります。希望によっては、前歯だけの部分矯正も可能です。

すきっ歯の治療例を見る

過蓋咬合

上の前歯が下の前歯を過剰に覆っている状態です。顎関節にも負担がかかり、中には歯茎に歯が当たっている場合や叢生が混合しているケースもあります。治療に抜歯が必要になることもあります。

過蓋咬合の治療例を見る

開咬

上の前歯と下の前歯の間に大きく隙間が空き、噛み合うことができない状態です。幼少時の習慣や癖などが原因とされ、大人になって初めてわかる人もいます。マウスピースとブラケットの併用やゴムを使った治療が行われます。

開咬の治療例を見る

東京でおすすめのインビザライン
マウスピース矯正の
クリニック3