マウスピース矯正で評判のクリニック@東京

東京でマウスピース矯正やインビザライン矯正に対応している歯科医院の中から、特におすすめのクリニックをピックアップして紹介。治療の特徴や費用、口コミ評判などをまとめています。また、矯正するべき歯並びやマウスピース矯正の疑問解決に役立つ情報も調査しました。

マウスピース矯正のおすすめクリニック3選

矯正治療を受ける際、それぞれに治療する目的があると思います。あなたが矯正歯科に望むものは安心?時間?それとも豊富な治療方法?
この3つのキーワードで選んだ際のそれぞれおすすめのクリニックを紹介します。

実績が豊富な
大手歯科
治療を受けたいなら
スワン歯科

公式サイトで詳しく見る


スワン歯科

多くの治療実績を持つ、評判の大手矯正歯科

高いレベルの総合歯科クリニックとして幅広い治療と、高質なマウスピース矯正を行っているクリニックです。
都内には2院展開しています。

症例数年間500例以上

誰よりも早く
美しい
口元になりたいなら
デンタルクリニック・コスモルソ表参道

公式サイトで詳しく見る


コスモルソ表参道

どこよりも早く!顔全体のバランスを見て治療を進めるクリニック

最短4ヶ月で矯正が完了したケースもあるほど、スピーディーな治療が特徴。
顔全体がより綺麗になるような治療を進めてくれます。

治療期間目安最短4ヶ月

数種類の方法から
自分に最適な治療を
見つけたいなら
五十嵐歯科室

公式サイトで詳しく見る


五十嵐歯科室

7種類のマウスピース矯正に対応しているクリニック

総合診療を基盤に、幅広い矯正治療の選択が可能。期間や費用などニーズに合わせて治療方針を選べるクリニック。
口腔外科や予防歯科にも対応可能です。

治療装置の種類7種類

この歯は治る?
マウスピース矯正の症例をピックアップ

以前は、マウスピース矯正は特定の歯並びにしか適応していないと考えられていました。しかし、今では様々な歯並びの治療に使われています。矯正が必要なそれぞれの歯並びについて、原因と治療方法を紹介します。

八重歯・乱杭歯

ガタガタの歯並びで様々なデメリットがある八重歯や乱杭歯。マウスピースを使った矯正で歯並びが改善した例を紹介しています。

受け口

下顎前突と言われる受け口は、発音や食事などに悪影響を及ぼします。インビザラインなどのマウスピース矯正で改善した例をピックアップしました。

出っ歯

正式には上顎前突と言われる出っ歯。時に揶揄されてしまう出っ歯の歯並びを、マウスピースを使った矯正治療でどのように治していったのか、実際の症例を紹介しています。

すきっ歯

歯と歯の間に隙間ができてしまう、すきっ歯。特に前歯の隙間は気にする人が多く、部分矯正を選択する人も。マウスピースでどのように矯正したのかを紹介します。

過蓋咬合

上の歯が下の歯に大きく被さってしまう過蓋咬合。将来的に顎関節症などのリスクが高い噛み合わせです。マウスピースを使ってどのように治療を進めたのか紹介しています。

開咬

幼少時の癖や習慣が原因で上の前歯と下の前歯が離れて噛み合う開咬。食事や発音の際に不便な噛み合わせの一つです。マウスピース矯正でしっかり噛めるようになった例を紹介します。

疑問解消!マウスピース矯正のQ&A

Q痛みはあるの?

マウスピース矯正を受ける際、気になる治療中の痛みの度合いや対策は?マウスピース矯正は従来のワイヤー矯正と比較すると、痛みが少ないと言われています。本当に痛くないのか、痛むとすればどの程度なのか、もし痛みが出たらどうすればいいのか、など具体的に説明しています。

Q治療にかかる費用はどのくらい?

マウスピース矯正に必要な費用をチェックマウスピース矯正は高額なのでは?と心配している人は必見。各矯正方法の費用相場を分かりやすく一覧にしてみました。また、矯正装置そのものの費用の他に必要になる、初診料やカウンセリング料についても解説しています。

Q他の人から見てバレない?

マウスピース矯正が見えにくいのは本当なのか見えない矯正と耳にはするけれど本当にバレないのかな?と思っているあなたに、どの程度「見えない、バレない」のかを具体的に説明します。採用された装置の種類によって、「バレなさ」にも違いがあります。

Q完治にどのくらいの期間が必要?

綺麗な歯並びになるまでにかかる期間の目安とは?口の中に装置を入れて歯を動かす矯正治療。できる限り短く済ませたい、と考える人のために、矯正治療が終わるまでにどのくらいの期間が必要なのかをまとめました。また、装置ごとに異なる通院頻度も調査しました。

Q歯磨きはできるの?

マウスピース矯正で治療中は歯磨きが大変?マウスピースでの矯正治療中にしておくべき口の中のケアと、マウスピース装置そのもののケア方法について紹介しています。矯正期間中を少しでも快適に過ごすための基礎知識です。

歯列矯正方法の
メリット・デメリットを比較

歯並びは人によって違うもの。十人十色と言われる歯並びの不正を改善する矯正治療は、従来から現在に至るまでたくさん種類が採用されています。マウスピース矯正と比較したメリット・デメリットについて説明しています。

メリット デメリット
金属ブラケット
  • 症例を選ばずどんな歯並びでも治療できる
  • 多くの症例に基づいた治療法がある
  • ドクターが歯の動き方を調整するので安心
  • 装置が金属製なので、とても目立って笑えない
  • 調整直後の2~3日は、かなり痛みが強い
  • 歯磨きが難しく口の中が不潔になりやすい
審美ブラケット
  • 金属ブラケット同様、多くの前例がある
  • 症例をあまり選ばずほとんど対応できる
  • ドクターが毎回調整するので安心感がある
  • 調整した後の痛みや違和感がかなり強い
  • 歯磨きが難しく、口腔内が不潔になりやすい
  • 費用が割高
デーモンシステム
  • 従来のブラケットより目立ちにくい
  • 症例をほとんど選ばないので幅広く対応する
  • 調整は専門のドクターが行うので安心できる
  • 装置が一部金属なので、少しは目立つ
  • 装置が粘膜に当たって傷や口内炎ができることも
  • 短期間でも受診頻度が高く、通院が面倒
裏側矯正
  • 常に接着しているので歯の動きが大きい
  • 出っ歯であれば短期間で終わることが多い
  • 舌の癖を抑えられるので後戻り防止効果がある
  • 舌が装置に常に触るので、強い違和感を感じる
  • 装置が舌を邪魔して、普段の喋り方ができない
  • 装置の接着に高度な技術を要するため、費用が割高
マウスピース矯正
  • 1日中着けていても目立ちにくい
  • 着脱式なので食事や歯磨きの邪魔にならない
  • 歯を白くするホワイトニングの同時並行も可能
  • 装着時間を守らなければ、治療期間が延びる
  • インビザラインの場合、虫歯などで歯の形が変わると、治療方針を変える必要がある
  • 歯科医師によって技術レベルの差が激しい

歯並びを矯正するメリット

歯並びを矯正するのは、単に綺麗な見た目を手に入れるだけではありません。それ以外にも歯並びを矯正することで得られる4種類のメリットを紹介。また、歯並びの不具合を放置すると起こり得る、怖い病気についても解説しています。

日常生活
会話でのメリット

歯並びが悪いと、それはコンプレックスとなり、酷いと日常生活を送れなくなることも。コンプレックスとなる歯並びを矯正して得られる、会話や日常生活でのメリットをピックアップしました。

食事での
メリット

歯並びが悪いと、噛む回数が少なくなり、身体にも悪影響が出てしまうことがあります。歯並びを改善して得られる食事面でのメリットを紹介しています。

健康面での
メリット

歯は全身を支える重要な器官です。歯並びが悪い人に見られる全身への悪影響と、歯並びを改善することでどんな効果が得られるのかを解説しています。

運動・スポーツでの
メリット

アスリートは歯が命。歯と噛み合わせの良し悪しがスポーツの結果を左右することが、近年知られてきました。歯列矯正で得られるスポーツ面でのメリットを紹介しています。

特集がんや重大疾病の予防

歯並びが悪いと虫歯だけでなく、歯周病のリスクが高まります。近年の研究で、歯周病の原因菌が心臓疾患や脳疾患に、大きな影響を与えることが分かってきました。さらに、日本人の死因1位である「がん」にも、歯周病菌がかかわっているのではないかと言われています。不具合のある歯並びを放置するとかかる可能性がある、重大な疾病について解説しています。

東京でおすすめのインビザライン
マウスピース矯正の
クリニック3